男紋付袴撮影

紋付羽織袴は、明治時代以降、日本人男性の第一礼装、正装とされる和服です。家紋が入った紋付の長着に袴をはき、紋付の羽織を着用します。
紋付の羽織と長着にはそれぞれ、背中に一つ、両胸に一つずつ、両袖に一つずつ、合計5つの紋が入ります。背中の紋はご先祖様を、胸の紋は両親を、両袖の紋は兄弟や親戚を表していて、この5つの紋が入った着物が最も格式が高いとされています。
現代では、一般に紋付羽織袴を着る機会はほとんどなくなってしまっていますが、成人式や結婚式といった晴れの舞台で紋付袴を着用します。
お友達同士で同じ柄、同じ色を着用することが流行っています。 格式にこだわらず、気軽に試してみましょう。

成人向け男紋付袴撮影とは

れいめいの写真はこんなに幸せがいっぱい!

スタジオれいめい

地域の皆様に愛されて49年目を迎えた郡山市の振袖レンタル店『紬のたけやま』がプロデュースしたトータルフォトスタジオ『黎明』。経験豊富なスタッフが皆様のこれからの歩みをサポートします。

未来へ繋ぐ『今』をカタチに。トータルフォトスタジオ・れいめい

営業時間
10:00〜18:00

お問い合わせ

〒963-8041
福島県郡山市富田町上ノ台 20-10

TEL: 0120-58-5506
FAX: (024)-951-7277